気滞・瘀血・血虚3つのタイプと肩こりの解消法

同じような仕事をしていても、肩のこりやすさや、症状は人によって差があります。

これには体質が関係していて、やはり自分の体質に合ったアプローチをするべきなのです。

今回は洋医学的アプローチによる「肩こり」の解消法をご紹介します。

まずは症状のタイプを知ろう!|気滞・瘀血・血虚:肩こりの3つのタイプ

まずは、自分が以下のどれに当てはまるか、診断してみてください。

■気滞(きたい)タイプ:緊張するとこる
緊張に伴うこり。筋肉の張りが強く、そのときどきでこる場所が変わる。

■瘀血(おけつ)タイプ:同じ場所がこる
いつも同じ場所がこり、ひどくなると痛み始める。筋肉がコリコリしていて固く、皮膚の色がくすんでいる。

■血虚(けっきょ)タイプ:疲労をともなう肩こり
肩の筋肉が痩せていて、疲れると、こりが強くなり眼精疲労を伴うこともある。

気滞

「気」が滞りやすい体質。

気滞タイプの特徴
・イライラして怒りっぽい
ストレスをためやすい
・ウツっぽい症状が現れる
ため息が出る
のどにつかえを感じる
PMS(月経前症候群)に悩まされている

→このような症状が当てはまる人は気滞タイプです。

自分なりの気の発散法(運動や呼吸など)を見つけることが大事です。

瘀血

「血」が滞りやすい体質。

瘀血タイプの特徴

・クマができやすい
肌がくすんでいる
青あざができやすく、いつまでも残りやすい
痔や生理痛がひどい
心臓などの循環器に持病がある

→このような症状が当てはまる人は瘀血タイプです。

特に冷えには注意し、血行が悪くならないよう体を温めるのがおすすめ。

血虚

「血量」が少ない、「血」が持つ機能が低下している体質。

血虚タイプの特徴
・やせ気味
・唇や爪の色が悪くつやがない
・肌が乾燥して荒れやすい
・髪がパサついている
・めまいや動悸を起こしやすい
・不安感や慢性不眠などが見られる

→このような症状が当てはまる人は血虚タイプです。

重労働や夜更かしには気をつけましょう。

気滞・瘀血・血虚:タイプ別に効果的なツボ

気滞

こっている場所と、間使(かんし)を強めに押す。


間使:手首の内側の横じわの中央から親指3本分で、2本の腱の間。

瘀血

こっている場所と三陰交(さんいんこう)を強めに押す。

三陰交:内くるぶしから親指3本分上、骨のすぐ後ろ

血虚

肩全体をさすり、三陰交を弱めに押す(上の写真と同じ)。

血虚タイプは筋肉が弱いため、強めに押すのではなく肩全体を優しくさするのがポイントです。

気滞・瘀血・血虚:タイプ別に効く漢方

気滞

■柴胡疎肝湯(さいこそかんさん)
肝の疎泄作用を調整して気滞を除き、これにより経絡や筋の気血運行を改善することで和らげます。

■四逆散(しぎゃくさん)
神経の高ぶりや不安を抑制し、ストレスや緊張などを除去する効果と、滞った気の流れを流す効果があります。

瘀血

■疎経活血湯(そけいかっけとう)
「血(けつ)」がたまると「瘀血(おけつ)」の状態となり、痛むようになります。

この瘀血を改善し、血の巡りをよくすることで肩のこりを解消します。

■桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
滞った「血(けつ)」のめぐりを良くすることで、経絡のめぐりもよくなり、肩こりや他にも生理痛、月経不順、月経異常などを改善します。

血虚

■炙甘草湯(しゃかんぞうとう)
心血を補って、心拍や血行を強化します。貧血や疲れやすさからくる肩こりに効果的です。

その他(食養・養生)気をつけるポイント

気滞:緊張をほぐす

緊張すると肩こりになりやすいので、定期的に深呼吸をする、ストレッチをするなどして、緊張からの肩こりを予防しましょう。

適度なスポーツや汗をかくことも気の発散につながります。芳香の強い柑橘系やハーブなども気滞のタイプには効果的です。

瘀血:同じ姿勢を長時間続けない

同じ姿勢を続けると血行が悪くなります。

適度に体を動かし、肩を回す、冷えを予防するなどして血行の悪化を予防しましょう。

れんこんやさといものほか、うこん(ターメリック)、しょうが紅茶なども血行改善に効果的です。

血虚:疲れをためすぎない

筋肉に耐久性がないので、疲れを蓄積しないことが肝心です。

重労働や目の使い過ぎ、夜更かしはしないように気をつけましょう。

また唐辛子やコショウ、山椒など辛くて「熱性」のある食べ物は控えるようにしましょう。