モルディブ新婚旅行記①|移動から到着まで

前回、モルディブで結婚式を個人手配した話を書きましたが、今回は実際のスケジュールとリゾートにたどり着くまでの様子をレポートします!

ちなみに前回の記事はこちらです。
モルディブの結婚式を格安で個人手配してみた

モルディブ結婚式&新婚旅行のスケジュール

今回のスケジュールは、このような感じでした。

日程は2019年9月15日~9月20日の6日間。

マーレの空港で1泊、リゾートで3泊を過ごし、帰りは飛行機で1日を過ごしました。

スケジュール
9月15日:出発時間 09:30(成田)
到着時間 13:30(香港)

9月15日:出発時間 16:40(香港)
到着時間 20:40(マーレ)

9月15日:マーレ空港近くのホテルで1泊

9月16日:リゾート到着(3泊)

9月17日:挙式

9月19日:出発時間 23:50(マーレ)
9月20日: 到着時間 20:55(成田)

感覚としてはこのスケジュールでちょうどよかった」という感じ。

1つ注意しておいた方がいいのは、モルディブのリゾートは各島にリゾートが1つという感じなので、

リゾートに行くまでに、水上飛行機を利用しなければいけないということです(船で行けるリゾートもあるみたいだけど)。

この水上飛行機は夕方以降は飛ばないので、フライトの時間によっては、空港近くのホテルで一泊してから翌日リゾートに向かうことになります。

マーレ空港に送迎が来ない!?

今回は寝るだけなので、Booking.comで、とにかく安いホテル(あと空港までの送迎が付いている)を選択しました。

しかし、送迎の人が来てくれるはずなのに、到着口にはそれらしき人が見えません。

そこで、近くにあったインフォメーションカウンターの方に相談すると、ホテル名を聞かれ、慣れた様子で電話をかけてくれました!

笑顔で「今電話したわ。15分後に来るわ!」と言ってくれたお姉さんの神対応には感謝です。

もしモルディブ空港で送迎のトラブルがあった時には、インフォメーションカウンターに相談してみるといいかもしれません。


(こちらがインフォメーションカウンター)

前泊したホテル「リヴェティ ビーチ ホテル(Rivethi Beach Hotel)」

今回、前泊したのはこちらのリヴェティ ビーチ ホテル(Rivethi Beach Hotel)

部屋は綺麗でしたが、シャワーではお湯が出ませんでした…。Wi-fiも共有スペースでしか使えません。

あと、変換プラグを忘れてしまったのですが、日本のコンセントは一切使えませんでした(リゾートの水上コテージでは使えたよ!)

空港を出たのは22時前だったので、あたりは真っ暗。窓からも何も見えませんでした。

観光客の多い国だし、レストランやバー、夜でも遊べる場所もあるかなと少しは期待したのですが……、まったくなかったです。本当に寝るだけでした。

まあ、翌日は朝一のフライトだったし、長時間のフライトで疲れていたのもあったので、ちょうどよかったです。

モルディブの水上飛行機について

各リゾートを結ぶ交通機関がこの水上飛行機。

通常はホテルを予約する際に、ホテル側で手配してくれます。

予約をするとリゾートから、パスポート番号や前泊するホテルの名前を聞かれますので、それに返信すればOK!

ただし、フライトの時間などは前日にならないとわからないようで、前泊したホテルのスタッフさんがチェックイン時に調べて教えてくれます。


上記の写真のような感じで、各リゾートごとにチェックインカウンターが分かれています。

チェックイン後は、いよいよ乗り込んで出発。

フライトは音がうるさい。あと、むし暑い…。けど、眺めはきれいです。

今回の宿泊地Kuredu Island Resort Spaには、40分ほどで到着。

ようやく、モルディブ新婚旅行らしくなってきた!

1日半かけて、ようやく、到着しました!

次回は、リゾート地の様子&挙式についてお伝えしますね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。