【東洋医学】五色を取り入れて体のバランスを整えよう!

東洋医学では食物の色が五臓六腑(人間の内臓)に関係していると言われています。

内臓と関連した「色」の食物をバランスよくとるようにすると、体のバランスも整ってきます。

内臓の状態がよくなると、血液のめぐりもよくなり、気のめぐりもよくなります。

心と体をスッキリさせるためには「色」を意識して食事をとってみましょう。

特にオススメなのが、5色の食材を取り入れてスムージーにしてしまうこと。洗ったり、切ったりは面倒……という方には冷凍食品の活用もオススメ。

5色スムージーを飲み続けていると体がスッキリするだけでなく、エネルギーが高まってくるのを感じます。

食材
関連する臓腑
グレープフルーツ
オレンジ
レモン
バナナ
脾・胃
ヨーグルト
牛乳
大根
チーズ
肺・大腸
いちご
ラズベリー
にんじん
トマト
心(心包)・小腸
キャベツ
ほうれん草
小松菜
キウイ
肝・胆
プルーン
レーズン
ごま
膀胱

東洋医学の五色を取り入れて、自分の弱い部分を補強しよう

私は腎臓や膀胱系が弱く、腎盂炎や膀胱炎に何度もかかっています。

「腎臓」は精気を司る臓器で、腎臓が強い人はエネルギーが強いと言われています。

疲れやすかったり、エネルギー量が低いのは腎のエネルギーが足りていないせいかもしれません。

そんなときには「黒」の食材を積極的にとるようにしてみましょう。

自分が弱いと自覚している臓器がある場合は、関連する「色」の食材を積極的に摂取してみてください。

番外編:五色鍋で健康体質に

鍋にしてしまうのも、手軽でおすすめです。以下は、鍋にオススメの食材リストです。

五色の食材リスト

トウモロコシ、サツマイモ、ゆず、カボチャ
大根、レンコン、はんぺん、ちくわ、かぶ
トマト、にんじん、トウガラシ、エビ、鮭、肉類
小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ
海苔、こんにゃく、わかめ、しいたけ

東洋医学の五色とともに、日頃の食生活を見直そう

「最近、調子が悪いな」というときには、体内の循環がうまくいっていないのかもしれません。

献立や「今日は何を食べようかな?」と迷ったときには、五色を意識してみるだけでも、生活の質が改善することは間違いありません。

ぜひ試してみてくださいね。